スポンサーサイト

0
    • 2011.05.09 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    新百合ヶ丘美容室 東日本大震災:川口のボランティア同行ルポ 宮城・石巻、マッサージに笑顔も

    0
       ◇触れて、聞いて、癒やし
       川口市の民間団体「MIRAI〜魅来」による宮城県石巻市での支援活動2日目の4日。前夜からの小雨は未明にやんだが、底冷えのする寝袋の中、同行中の記者は午前5時ごろ目が覚めた。
       午前8時過ぎ、同団体で結成した「笑顔 届け隊」のメンバーとともに、高台の公園に向かう。海岸付近の一帯が壊滅状態。石巻市の被害は宮城県内でも最大規模で、3日現在、死者2933人、行方不明2770人。家屋全壊2万8000戸。108施設に散らばる避難者は9692人にのぼる。
       この日の訪問先は市街地から2キロほどの田園地帯にある市立蛇田中学校。一時、1000人を超す被災者が滞在し、今も体育館に200人近くが暮らす。「笑顔 届け隊」のメンバーは、前日に続き手品、話し相手、マッサージなどで被災者とふれ合った。
       化粧品会社の美容部員の経験があるメンバーの藤井麻貴子さんは、今野まさ子さん(77)の手指にアロママッサージを施した。海岸近くに住んでいた今野さん。「家が流され、何もなくなった」と、何度もつぶやいたが、マッサージが終わると両手をみせながら「ほら、すべすべ。うれしい」と笑顔をみせた。藤井さんは「喜んでもらい、逆に元気をもらった」。
       同じくメンバーの木南公男さん(45)は79歳の女性に近づき話し始めた。川口市の鋳物工場で働いたこともあるという女性が、昔の思い出を話し続ける。木南さんは相づちをうち、聞き役に徹する。女性は「おしゃべりして楽しかった」と言った。木南さんは「話を聞くだけでも役立つことが分かった。子どもたちにも経験させたい」と話した。【鴇沢哲雄】
      おまとめローン 会津若松美容室 会津若松中古車 米通販 千歳烏山美容室 米通販 銀座美容室 おまとめローン 仙川美容室 会津若松賃貸住宅 郡山中古車 仙台中古車 福島酒通販 福島野菜通販 栃木測量 栃木建築設計 会津若松歯医者 郡山歯医者 ランジェリー ペットシッター 住宅リフォーム マンションリフォーム 新築マンション 中古マンション 中古住宅 新築一戸建て 会津若松賃貸住宅 郡山賃貸不動産 仙川賃貸物件 仙台賃貸物件 吉祥寺賃貸情報 宇都宮賃貸物件 新宿賃貸 町田賃貸 本庄賃貸物件 伊勢崎賃貸 高崎賃貸 横浜賃貸 川崎賃貸 前橋賃貸 水戸賃貸 調布賃貸 本庄美容室 伊勢崎美容室 高崎美容室 前橋美容室 横浜美容室 川崎美容室 越谷美容室 郡山美容室カット 吉祥寺美容室カラー 恵比寿美容室ヘアスタイル 宇都宮美容室ヘアスタイル 新宿美容室ヘアスタイル 町田美容室カラー いわき美容室カラー 渋谷美容室カット 代官山美容室ヘアスタイル

      新百合ヶ丘美容室 美白化粧品 日本VS外資、競争は本番へ

      0
         その名もフランス語で「白」。仏ブランド、シャネルは先月25日、新しい美白化粧品ライン「ル ブラン」のクリームを、日本でのみ発売した。「TXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)」配合。日本で外資系化粧品メーカーが初めて承認を得た「薬用美白成分」である。それは9年越しの夢だった。

         アジア独特の風土やニーズに合う化粧品開発のため、同社が「シャネル リサーチ&テクノロジー日本研究所」(千葉県船橋市)を設立したのは平成14年。安藤信裕所長(54)の胸にはひとつの確信があった。

         「日本市場における『美白』の成功は、スキンケア分野での成功を意味する。ひいてはアジア市場での成功につながってゆく」

         成熟しきった国内化粧品市場の中で、いまだ有望と言われるのは美白や抗老化といった高機能製品。でもなぜ、欧米では大きな市場となりえない「美白化粧品」がアジアで尊ばれるのか。なぜ「美白有効成分」のお墨付きが消費者に説得力を持つのか。日本の化粧文化や消費者意識、あるいは厚労省の承認を得るプロセスについて、フランス本社をはじめ欧米人に理解してもらうのは容易ではない。「いつ承認がおりるのか、いつ製品化できるのかと、ずいぶんせっつかれましたよ」と苦笑する。

         外資系ならではの強みもあった。安藤所長は製品開発に向け、欧米にある他のシャネルの研究所に協力連携を呼びかけた。「研究者の国際的ネットワークを生かせたのは大きい。このクリームは、シャネルのアジア女性の肌に対する理解、美白にかける情熱の結晶」と胸を張る。

         アジア向け美白化粧品に力を入れる外資系ブランドは、シャネルだけではない。例えば米エスティローダーはアジア女性を想定した美白ライン「サイバーホワイト」を、仏ランコムは欧州にはない美白用化粧水を、アジアの商品ラインアップに加えた。スキンケアでクリームを重視する欧米に対し、日本やアジアの女性はまず化粧水で肌を整えることから始める。気候や質感の好みが違うのだ。

         「近年、欧米の列強メーカーはアジア市場に本格参入する上で、ただ既存の商品を持ち込むのではなく、積極的にローカル化するようになった」と資生堂・国際事業部の関川祥(しょう)課長(44)は指摘する。郷に入っては郷に従え、だ。「資生堂が台湾に進出して約50年、中国で約30年。アジア市場で先鞭(せんべん)を付けたわれわれには一日の長がある。でも今後は競争が激化するし、何よりお客さまの意識が変化している」と不安を隠さない。

         「アジアの若者−次世代の消費者はもはや、日本発の情報をただ受容したりはしない。インターネットを駆使して情報を選択、自ら発信源にもなる」。選択肢が増える中で「われわれのオリジナリティー、アドバンテージ(優位性)はどこにあるかと考えると、やはり『アジア人であること』は大きい。アジア女性のあるべき理想像を提示し続けたい」と関川課長は力を込める。

         最後に、国内外三十数ブランドのブースがひしめく銀座三越(東京・銀座)の化粧品売り場を訪れた。「この売り場の動向は、中国本土での人気・知名度のバロメーターになる」と話すのは、銀座三越の担当マネジャーで中国・上海での勤務経験もある猪原(いはら)隆さん(39)。外国人客のうち、約85%が大陸の中国人。猪原さんを含め中国語を話すスタッフ10人ほどで対応しているという。

         「やはり人気が高いのは資生堂、アルビオン、シュウウエムラといった日本のブランド。外資系の場合も『この商品はアジア人向けですか』『日本製ですか』と聞かれることが多いですね」。日本製にこだわる背景には、「肌質が似ている」ことに加え、「品質や鮮度への信頼が大きい」と猪原さんは説明する。

         いまだ優位を誇るジャパンブランドか、それとも適応力を増した外資系か。アジアを舞台にした「美白」の闘いはこれからが本番。そんな中、シャネルの安藤所長の言葉が印象深い。

         「日本のメーカーであれ、外資系であれ、“日本発”で切磋琢磨(せっさたくま)しながら美白化粧品を進化させていく。素晴らしいじゃないですか」(黒沢綾子




        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728    
        << February 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • 新百合ヶ丘美容室 東日本大震災:川口のボランティア同行ルポ 宮城・石巻、マッサージに笑顔も
          カナ (08/26)
        • 新百合ヶ丘美容室 東日本大震災:川口のボランティア同行ルポ 宮城・石巻、マッサージに笑顔も
          長沢沙奈惠 (05/09)
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM